ゲーム実況ノウハウ〜運用の効率化〜

とかい育ちは、FRESH!YouTubeLINE LIVETwitchで同時放送しながら、各放送のアーカイブ情報を、HPにまとめてます。

各サイトで枠を取ったり、
HPを更新するという作業は結構時間がかかります。。

ここら辺の雑務を効率化したお話を、今日はさせていただきます(*′\/`*)

(技術的な話も多くなるので興味ない方は読み飛ばしてください!)


以前、別のブログにも書きましたが、
ぼくらはスプレッドシートを使い、放送の管理をしています。

具体的にどういう風に使っているか、
実際に配信の準備をしながら解説していきます(⊃∪`*)


① まず、日付とゲームタイトルが決まった時点で、シートに入力をする。

すると、このようにすぐにHPのサイドバーに反映されます(⊃∪`*)すげー


② FRESH!で枠を取ります。

これはFRESH!のとても良いところで、
過去の放送から枠の設定を再利用することができるので簡単に終わります!


③ 取得した枠のIDを、シートに入力します。

するとGoogle Apps ScriptがFRESH!から自動でデータ(時間・出演者・タイトルなど)を取得してくれます。

さらに、データ取得後にSlackに通知を飛ばしてくれます。


④ YouTubeの枠をとる。

先ほど取得したデータから、
シートがjavascriptのコードを吐き出してくれます。

こんな感じのコードが自動で生成されるので、
Chromeの検証ツールのコンソールに貼り付けると…

このように、あっという間に枠(新規イベント)が取れます(⊃∪`*)べんりぃ


⑤ HPのアーカイブ情報を更新します。
これもYouTubeと同様に、
シートがjavascriptコードを生成するのでコピペするだけです。

こんな感じでとても簡単にできるんですが、
実はこのコードを関数だけで作るのって結構めんどくさいんです。。

少し詳しく解説します。

例えばスプラトゥーン2のページを見てもらうと、

ページ上部には、最新の放送に関するURLなどがあり、
ページ下部過去のアーカイブ情報が並んでいます。

これをどうやってコード化するべきか…

なめくじスキルのぼくの脳で考えた方法は、
まずこんな感じでテンプレートを作り、

このセルを参照して、SUBSTITUTE()という関数で文字の置換を行います。。

そうするとこのような地獄のような関数ができあがりますw
SUBSTITUTE(SUBSTITUTE(SUBSTITUTE(SUBSTITUTE(SUBSTITUTE(

シートの関数ではfor的なループができないので
アーカイブ一覧の部分は、ARRAYFORMULA + QUERYで対応しました。

あとは、
・放送が#01だったらアーカイブ情報は追加しない
・YouTubeで放送をしている場合はYouTubeのリンク、なければFRESH!のリンクに置換する
ここら辺をIFで設定したら出来上がりですヾ(。`Д´。)ノ

可読性皆無なコードなので、
少しは保守性を出さねばと思いテンプレ化してみましたヾ(。`Д´。)ノ

動作を軽くするためにGASを使わずにシートで完結させたかったのですが、
結果的にシートは重くなりました…(⊃∪`*)

こんな感じで、枠取得 + HP更新は完了です。


⑥ O.A.当日のTwitter拡散
これは配信者として忘れてはならないことですね(⊃∪`*)

ぼくの経験では、
昼の告知は 12:00〜13:00夜の告知は 19:00〜20:00
ツイートするのが一番効果的でした。

Twitterユーザがアクティブな時間にツイートした方が
効果があるみたいですね(*′\/`*)

これもスプレッドシートで文言を作成し、
GASが指定時間に自動でツイートを実行します。

文言はこんな感じでIFで以下の通り設定します。

1. HPに専用ページがあればHPのURLを告知
2. 1は無かったけどYouTubeの枠はある場合は、そのURLを告知
3. 2も無かったけどFRESH!の枠がある場合は、そのURLを告知
4. 3も無かった場合は、YouTubeチャンネルページのURLを貼る

ちなみにゲームタイトルや開始時間が入力されていない場合は、
ツイートはしません(*′∪`*)

 


いかがだったでしょうか(*′\/`*)

こんな感じで、ゲーム実況をするのに必要な手間を減らしていくと、
実況により多くのリソースを使えるように出来るのがいいですね(⊃∪`*)

実況を始めて1年半が経ち、色んなノウハウを積んできたので
そういった情報を今後も共有していけたらいいなって思います(⊃∪`*)

読みにくいブログでしたが、
最後までご覧いただいてありがとうございました!!


あわせて読みたい